-美容師 シザーケース

2009年8月アーカイブ


携帯もしっかり入り、メインポケットはペットボトルでも安定♪美容院の店長さんも推薦★シンプ...

 

美容師がシザーを収納するためのケースであるシザーケースは、おしゃれな美容師が身に付けるものの為、優れたデザイン性と、収納性、またシザーの取り出しなど動きの激しさにも耐える耐久性が求められます。

最近では、美容師のファッションへの憧れから、一般のファッションにも取り入れられるようになってきていますが、もともとは美容師がハサミなどを携帯するために作られたものです。

美容師が、仕事道具を身に付けることで仕事のスピードをアップさせ、またスムーズに行うことが出来るようになります。

美容師の仕事能率に直結しているシザーケースですから、美容師の仕事を理解していないと、機能性に優れたシザーケースを作ることはできません。

シザーケースを妥協してしまうことは、美容師の仕事事態を妥協してしまうことにも繋がるのです。

ですから、シザーケースをデザインするにあたっては、美容師の仕事道具の詳細を知る必要がありますし、また使用する時の動作を知らなくてはなりません。

とはいえ、美容師個人個人で使用するシザーの種類、数も違いますし、動き方も違いますから、使いやすいと考え抜かれたシザーケースとしても、美容師が自分で自分に仕事に合っているのかしっかりと考えることが必要です。


シンプルなデザインで人気のシザーがカラーも豊富になりました!キャンバス素材のシザーケース

 

美容師のシザーケースを選ぶにあたって、まず気になるのはデザイン。デザインと一言に言っても、シンプルなシザーケース、可愛らしいシザーケース、クールなシザーケース、といった見た目的な意味合いだけでなく、シザーがいくつ入るのか、肩掛けタイプなのか腰かけタイプなのか、色は?素材は?などなど気にし始めたらキリがありません。

しかし、美容師のシザーケースは仕事道具というだけでなく、ファッションの一部でもあります。そう考えると、使いやすさだけを追求するわけにもいきませんし、かといって、見た目は優れていても使いづらくては話になりません。

では失敗せずにシザーケースを選ぶにはどうしたらいいか...というと、普段自分が美容師として働く際に、どのような動きをしているかを考えるのが一番です。自分の動きには肩掛けタイプが合っているのか、それとも腰かけタイプが合っているのか。シザーはいくつ入れる必要があるのか。

実際にシザーケースを見てから考えてもいいですが、まずはシザーケースを見る前に一度条件を整理してからシザーケース選びを始めると決めやすいと思います。

そして、実際に条件に合うシザーケースを見つけたら、自分のファッションに合っているかを検討します。こういった流れでシザーケースを探されると自分にぴったりのシザーケースを見つけやすいと思いますよ。

 革のクリーニング  介護ヘルパー2級  音楽無料視聴

吉田カバンとのダブルネームでおなじみ!sunbrella シザーケース(カラビナ付き)【雑誌掲載 新作...

 

美容師のシザーケースは、ファッションの一部として考える必要もありますが、重要な仕事道具です。シザーを出し入れしなくてはならないわけですから、通常のバック類以上に磨耗が激しいです。

つまり、シザーケースを選ぶ際には、そのシザーケースの「丈夫さ」がとても重要なポイントになるということです。

丈夫さといっても、シザーケース自体の材質だけに注目してはいけません。例えばベルトなどの金具。この金具も、思いのほか壊れやすいものもあります。そして、材質がしっかりしたものでも縫製などはどうでしょうか。

美容師のシザーケースは飾っておくわけではありません。使うものです。しかも毎日使うものです。普段使っているようなバックやケース類以上にどうしても壊れやすくなってしまいますから、慎重に丈夫さをチェックする必要があります。

そして、これなら丈夫で壊れづらそうだ。デザインもファッションにぴったり合うし、使いやすそうというものを見事見つけられたとします。

その時、最後にチェックしたいのが、見につけたときの体への負荷です。肩掛けか、腰掛けか...という点だけでも仕事の邪魔にならないか、仕事をスムーズにこなせるか、だけでなく、肩に掛けていると疲れないか、腰に掛けていると疲れないか、といった点も重要です。疲れないという点では、デザインと更に重さも考慮したいところです。

 結婚式のゲスト  業務用空気清浄機  京都中央信用金庫  幹事代行

楽天ランキング入賞!カバー付きで使い勝手バツグンのシザーケース!落ち着いた雰囲気がかっこ...

 

オーダーメイドすれば、自分の好みのシザーケースが作れます。といってもオーダーメイドすれば完璧に自分に合ったシザーケースが出来るとは限りません。

というのは、なまじ好きに選べるものですからうっかりと重要なポイントをオーダーし忘れてしまうことがあるのです。また、デザインに走りすぎてしまうこともありますから要注意です。

美容師はひとりひとり個性がありますから、シザーケースだってオーダーメイドで自分の個性にあったものに勝るものはないわけですが、どういうものが合っているのかというのは、案外自分でも分かりづらいものです。

そこでシザーケースをオーダーメイドしようと決めたとしても、まずは既存のカタログを見て、どういったシザーケースがあるのかチェック。そして自分が必要とする条件を列挙します。

既成のシザーケースのカタログであれば、そのシザーケースのアピールポイントが書かれていますから、それを見ることで、「ああ それも必要だ」というような条件が見つかるかもしれません。

オーダーメイドでも既成でもシザーケースに違いはないのですが、オーダーメイドでシザーケースを作って使いづらいと、せっかくオーダーしたのに...とショックが大きかったりしますので、気をつけてオーダーを出してくださいね。

 半身浴でデトックスとダイエット
カテゴリー
更新履歴
美容師のシザーケースとは(2009年8月 9日)
美容師のシザーケースの選び方(2009年8月 9日)
美容師のシザーケース購入の注意点(2009年8月 9日)
美容師のシザーケースのオーダーメイド(2009年8月 9日)
カテゴリー
更新履歴
美容師のシザーケースとは(2009年8月 9日)
美容師のシザーケースの選び方(2009年8月 9日)
美容師のシザーケース購入の注意点(2009年8月 9日)
美容師のシザーケースのオーダーメイド(2009年8月 9日)